タ イ
東南アジアの都市は何処も活気がある。
バンコクも例外ではなく、溢れる車やバイク、これらがこれでもかこれでもかと景気良く排気ガスを吐きながら、クラクションも高らかに走り回る。
地球温暖化防止条例など何のその、地球にいい筈がないそんな光景・・・・でも何故かこんな光景を見ていると「ああ、皆んな精一杯生きてるんだなあ」と思わされてしまう。
SLがモクモクと黒煙を吐きながら走る姿に似てね。

そんな騒音と喧噪から逃れて、大きな寺院に入って見た。
寺のいたる所にある小さな像達。 彼らが支えているのは一体何なんだろうか?

                        
市内から30分も走ったろうか。
そこは一見ジャングルのような地帯で、湿地か湖の上に高床式の建物がある。
そこへは木で出来た渡り橋(尾瀬沼にあるような)を渡って行く。
なな、何とカブトガニがどんどん料理されていく。 「卵がうまい」と現地の取引先の人が言う。
僕も食ったが、食べてる間中、水族館でみた姿と、天然記念物という言葉が何度となく僕の頭をよぎった。
 Home     Back        Next